2013年 第31回ローズS レース後のコメント

   

阪神11Rのローズステークス(3歳GII・牝馬・芝1800m)は、1番人気デニムアンドルビー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7。半馬身差の2着に9番人気シャトーブランシュが、ハナ差の3着に10番人気ウリウリがそれぞれ入線。

デニムアンドルビーは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ベネンシアドール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は6戦3勝となった。

【2013年 ローズステークス レース後のコメント】
1着 デニムアンドルビー 内田博幸騎手
「中団より前につけたかったのですが、馬場が重いのか、進んでいきませんでした。それで腹をくくったのですが、いい流れで早めに上がっていくことができました。+14キロと馬体に実が入って、いい体つきになりました。一回使って、さらにいい方向に向かいそうです」

2着 シャトーブランシュ 北村友一騎手
「追い切りでもいい反応を見せていましたし、乗りやすくて注文のつかないタイプです。この相手によくがんばっていると思います」

3着 ウリウリ 浜中俊騎手
「中京でもそうでしたが、抜け出すとソラを使うところがあります。でも、この馬場でよくがんばっていますし、いい内容だったと思います」

4着 メイショウマンボ 武幸四郎騎手
「休み明け、雨の馬場、大外枠と最悪の条件で、さすがに坂上で止まってしまいました。でも、夏を越していい体つきになっていましたし、使って変わってくると思います」

5着 ウインプリメーラ 和田竜二騎手
「ハミをかけながらのレースでしたが、いい位置でレースができましたし、スルスル上がって行って抜け出せる感じだったのですが、あとひと息でした。でも、能力が通用するのはわかりましたし、距離も大丈夫だと思います。本番も楽しみにしたいと思います」

11着 トーセンソレイユ 四位洋文騎手
「フックラしていい体つきになっていました。しかし、3コーナーすぎで手応えがなくなってしまいました。今日は馬場が悪すぎました」

13着 レッドオーヴァル 川田将雅騎手
「ゲートを出たなりに終始馬任せの位置取りで、道中はリズムよくレースを進められたのですが、直線の伸びがありませんでした。休み明けの分もあるとは思いますが、敗因はよくわかりません」

14着 エバーブロッサム 戸崎圭太騎手
「今日は休み明けでしたし、馬場のせいなのか、この馬の走りができませんでした」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - ローズステークス , , , ,