2012年 紫苑ステークス レース後のコメント

   

中山11Rの紫苑ステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝2000m)は1番人気パララサルー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒 4(良)。1/2馬身差2着に4番人気ブリッジクライムが入り、上記2頭が秋華賞の優先出走権を獲得。さらに1馬身差で3着に8番人気フレイムコードが 入った。

パララサルーは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母タンタスエルテ(母の父Stuka)。通算成績は6戦4勝となった。

【2012年 紫苑ステークス レース後のコメント】

1着 パララサルー(三浦騎手)
「今までにない競馬のスタイルでどうかと思いましたが、久しぶりの競馬ながらいい競馬でした。今回は距離も長いので、ある程度位置を取りに行きました。馬 場がいいのでタイトな競馬になると思っていましたから、間を割って欲しいと思っていました。この馬は期待していた以上にハートがしっかりしていました。関 西馬は強いですが、その中でも十分戦える馬だと思います。この勢いを本番に向けて維持出来るようにしたいと思います」

(国枝栄調教師)
「アネモネS後、桜花賞では輸送で馬体重が減っての出走でしたが、今回増えたのは予定通りで良かったです。ツメが心配なくもないですが、今日のこの後がど うなるか、といった感じです。レースは流れに乗れたのが良かったです。2000mという距離延長の課題もクリア出来ました。中団から行くのもGIを考慮し て、まずは流れに乗って行こうということでしたが、うまく対応してくれました。いいモノを持っているので期待しています。秋華賞へは向かう予定ですが、栗 東入厩せず、直前輸送と考えています」

2着 ブリッジクライム(大野騎手)
「前が詰まって、追えたのは正味100mくらいでしたが、それでもあそこまでよく来ています。今日はポジションを取りに行った分、掛かりました。もっとスムースに走れればと思います」

5着 アイスフォーリス(松岡騎手)
「今日は枠順が厳しかったです。どうしても置かれる形になってしまいます。馬は一度使って、次は良くなると思います」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 紫苑ステークス ,